1月, 2017年

肝臓のダイエット方法の紹介多い肝臓ナツメクコ

2017-01-23

ほとんど慢性肝炎で症状が再発して、肝に病気が再発し、最良の方法は気候が明らかに変化する春定期定期的に肝機能検査.特に、B型肝炎ウイルス、慢性肝炎に長時間無症状で、肝機能を重視して再重視されている.张诗军と.専門家は指摘して、そのために、肝臓病患者は飲食、起居に注意して、しかもできるだけ過度に疲れを免れます.この時期は早寝早起き、朝太極拳や散策養生.強い春風のほかに、依然として、B型肝炎患者を重視すべき保温防寒による肝臓の病気は再発して邪気侵入.漢方によって理論、B型肝炎の患者が春に発病して、冬には隠れていない、春に良い基礎に関係ない、いわゆる冬は精を隠す、春には必ず病気にならない.だから、陰陽四時の変化によって養生が重要です.B型肝炎の治療で、春も治療効果が良い時期、この時期、治療や養生は有効に、この病の安定制御と病状が鈍って着実に基礎を鈍っ.漢方の著書『素问?汚い気法時論』では、肝臓の病気の季節の法則は以下の述べ病肝、愈は夏、夏よりもっと、秋;秋不死を于冬、から春、禁当風.春に来て、かんしゃくが旺盛な人は非常に簡単にすぐとがる、無名の緊張、物事はせっかち.これはなぜ?もとにつれて、万物の蘇り、人体の肝機能の活動が活発で、かんしゃく過印加気候の変化のもたらす風の熱い,ダイエット方法の紹介、風邪の邪、招きやすい病気がぶり返す.実際には、春秋二季はB型肝炎の最も簡単に再発の時期、慢性B型肝炎患者のこの季節の養生べきで補五臓肝臓をはじめ.中山大学の付属の第1病院漢方医学科準教授张诗军注意し、ほとんどの患者は再発して無症状なので、B型肝炎ウイルスの感染者は春を肝機能検査が必要.赤いナツメは养肝クコ上物张诗军は三月ちょうど人体体絶好のチャンスで養生五臓に従って,漢方医の四季の重点の養生春季肝臓原則、五臓べきで养肝を先に.彼は推薦、赤いナツメはまず家庭养肝上物.赤いナツメ性は暖かくて、味の甘、脾臓の益の息を持って、血を鎮めて、生唾液、解毒剤耐性の毒、緩和効果.研究は、棗にある特殊化合物成分を含んでちょうど肝炎ウイルスの活性を抑制することができます.また、赤いナツメは肝臓を守り、免疫力の役割を強めているということです.また、いくつかの慢性の肝臓の病気の患者の体内卵白の相対低いで、赤いナツメのアミノ酸に富んで、それらにタンパク質の合成を防ぐことができる低蛋白症状に達し、内臓を強くする养肝の目的.だから、慢性疾患の患者にとって、普段は天然の赤いナツメを食べて肝臓を保護することができます.紹介、ナツメの食用方法は多く、蒸し、シチュー、煮、煮てもできる.専門家は特に注意して、赤いナツメはいいが、食べすぎに注意するべきが膨れる息、だから食べる量を制御.蒸し暑い、舌苔の黄色の人は食用にしない.これ以外、クコ性の味の甘平は,养肝益精作用.クコは人体に必要な糖、たんぱく質、多種のビタミンとリン酸、鉄などの栄養物質が含まれます.薬理学研究は肝細胞の新生、肝臓機能改善、慢性肝炎に対する研究確認を確認している.

Copyright© 2012-2013 ダイエット方法の紹介|健康的にダイエット方法 All Rights Reserved.